毒素を排出することが可能

足は第2の心臓といわれるぐらい血管があつまっていて、足裏マッサージのお店など今やマッサージは日本でおなじみになっています。幼児教育としてはだし教育取り入れたりして刺激することのメリット活用した事例の一つになっています。また足裏マッサージ含むフットマッサージは約5000年前からあります。東洋のマッサージをベースとした足裏マッサージはつぼ、経路などを刺激してツボは気の流れと関与して木は体内を流れるエネルギーみたいで、これを流れる道を経路、経路の中で気が出入りするところを坪と呼ぶのです。足裏は体のあらゆる器官の状態投影される反射区が密集していて反射区刺激していって体の期間調整するのもマッサージの目的になります。そしてツボが点、経路が線なら反射区は面であり一般人でも刺激しやすいのが足裏マッサージの特徴なのです。また、ヒールなどで長時間締め付けられて血行悪くなりやすい現代人の足いやす意味があります。足裏マッサージで腎臓などの働きに関係するところを刺激して体の毒素排出しやすくなります。これはデトックス効果で、腎臓の反射区は足裏の中央に当たりそこからかかと内側近くに向かい利尿管などつながっていて両手の親指を重ね腎臓から膀胱の反射区にかけ刺激していくことです。

ホームに戻る